経済研究部門



内外経済動向の調査・分析及び経済に関する基礎研究を行っており、特に経済の基調をとらえ、現状及び将来の動向を明らかにすることに重点を置いています。その成果は月刊誌及び研究書に発表し、大方の好評を得ています。



1.月刊誌の刊行
経済の進路 B5判22頁
内外経済の動向及び問題点を平易かつ簡潔に解説することを狙いとしています。毎号約19,000部発行、広く各方面に利用されています。
昭和3年(1928)「本邦財界情勢」として創刊、昭和38年(1963)に「経済の進路」へ改題、平成30年(2018)9月末現在通算1,069号になります。

MERI's MONTHLY CIRCULAR
−Survey of Economic Conditions in Japan− 変形A4判12頁
日本経済に対する海外の理解と認識を深めることを目的とした英文経済月刊誌です。毎号約2,300部発行、海外約40ヵ国の中央銀行・政府機関などに送付されています。
大正12年(1923)創刊、平成30年(2018)9月末現在通算1,067号になります。


2.研究書の刊行
当研究所研究員による経済の理論的・実証的な研究書を刊行しています。
テーマの選定などについては、東京大学教授松島斉氏、一橋大学教授井伊雅子氏、慶應義塾大学教授土居丈朗氏にご助言頂いております。現在毎年度4点程度発刊、主要大学図書館などに寄贈するほか、一般の方々にもご購読いただいております。
昭和57年(1982)、現在の形式で発刊以来、平成30年(2018)9月末現在通算123点になります。
  平成28年度(2016年度)以降発行の経済専門書
No 書        名 著者名 定価(税込)
115
不確実性下における金融政策の分析 大滝 英生   1,404円
116
労働経済学で考える人工知能と雇用 山本  勲   1,404円
117
バランスシート効果と政策の有効性について 平野 智裕   1,080円
118
日本の自由貿易協定(FTA)の貿易創出効果 山ノ内 健太   3,024円
119
企業ダイナミクスと産業発展 宝利 ひとみ    864円
120
ポンジースキームとしてのバブル 前川  淳   1,296円
121 女性の就業、結婚、出産に関する行動、価値観の国際比較
―日本、韓国、台湾のパネルデータを用いた実証分析―
萩原 里紗    1,620円
122 わかりやすさのための制度設計
―ゲーム理論と心理学の融合―
松島  斉    1,620円
 123  因子構造を持つ確率的フロンティアモデルの推定―日本のGDP成長率の要因分析― 堀江 哲史    864円

3.資料の収集
業務上の参考資料として、内外の経済関係の図書・資料約26,000点を保有しております。



[目次] [沿革] [概要] [経済研究部門] [史料部門]
[経済の進路] [経済専門書] [維持会員制度] [案内図]